買い替えQ&A

不動産を売る時の流れを教えて下さい。

1.情報収集(各媒体等で確認)
2.査定依頼(販売可能な金額の確認)
3.媒介契約締結(売却金額及び引渡しの条件確定・購入者の探索)
4.買主様の決定(売却契約に向けて諸条件の打合せ)
5.売買契約の締結(売却内容の確定・手付金の受領)
6.物件の引渡し(残金の受領・登記名義変更・鍵の引渡し)

以上の流れになりますが、売却のみと買い換えの売却とでは若干手順が違うところがありますので、詳細は事前にご相談下さい。
また、売却で大切なことは「不動産会社の選定」です。どの不動産会社に任せるかで売却スピード、価格等が変わってきます。
当社も含めてしっかりと任せられる不動産会社を選んでください!
それが決まったら、不動産の査定です。

売却を希望する場合、いつ頃から不動産会社に相談したらいいのですか?

6ヶ月前後位からご相談されるケースが多いです。

しかし実質的には、思い立った時にまず聞いてみるという行動が大事かと思います。
特に、昨今の相場は数ヶ月単位で地域によれば変動がありますので、うまくタイミングが合えば良い金額で売却できるチャンスも出てまいります。

不動産を売却の際、不動産会社を選ぶ基準はありますか?
不動産会社を選ぶ時に比較するポイントは、
「査定金額の根拠を納得いくまで説明をしてもらえるか」
「どれだけ物件の内容を把握しているか」
「どんな販売活動を行うのか」
「売却に関しての質問事項に丁寧に応対してもらえるか」
等が判断基準になります。
決して高額な査定金額を出した不動産会社が良い会社とは言えません。高価な不動産を売却するのですから、安心してしっかりと任せられる不動産会社を選んでください。
ご近所に分からないように不動産を売却することは可能ですか?

一般的な広告活動を行わず、当社の多方面におられる購入希望者様の中から諸条件の該当する方へ紹介致します。 このような水面下での取引は何例もありますのでご安心頂けます。
その他にも、当社が直接買取を実施していますので、誰にも知られることなく処分することが可能です。

ポイントとしては、「広告をしなくても販売できる販売力があること」「直接買取を行っていること」の2つが不動産会社を選ぶ基準としてあるのだと認識しておいた方がいいでしょう。

不動産の売り方にはどんな方法がありますか?

不動産の売り方として代表的なものが、買取制度と媒介契約です。
買取制度とは、不動産会社が不動産を直接買い取りすることです。メリットはすぐに現金化できる、近所に知られずに売却できる、仲介手数料が不要、瑕疵担保責任が免責されるというメリットがあります。

もう一つは媒介契約です。不動産会社が家を買いたい人との仲介を行い、不動産会社とは媒介契約を結びます。メリットは買取制度よりも高く売却できるケースが多いという点です。この場合、不動産会社に仲介手数料(売却金額の3%+6万円×消費税)が発生します。

不動産を売る時に必要な費用はどれくらいかかりますか?

具体的な費用としては、1.)仲介手数料、2).印紙税、3.)司法書士費用等となります。

1.)仲介手数料―契約代金額に対して200万円以下の金額は5.4%、200万円を超え400万円以下の金額は4.32%、400万円を超える金額は3.24%となり各割合の金額の合計をした金額となります。
2.)印紙税―売買契約書等の文書作成者に対し課税されます。但し売買契約代金額により印紙代金が異なります。
100万円 ~500万円以下・・・・・・2,000円
500万円 ~1,000万円以下・・・・10,000円
1,000万円~5000万円以下・・・・20,000円
5,000万円~10000万円以下・・・60,000円
以降詳細はご相談下さい。
3.)司法書士費用―ご所有の不動産に購入時の住宅ローンの抵当権が設定されている場合は、抵当権の抹消手続きが必要となる為、費用がかかります。又、それ以外に費用が必要な項目もありますので詳細は事前にご相談下さい。

不動産を売るときに税金はかかりますか?
所有不動産購入時の契約代金額からみて売却時の契約代金額の方が高く売れ利益が出た場合、譲渡所得税及び住民税が課税されます。
又、税率等については所有期間により異なりますので詳細はご相談下さい。なお、居住用財産の不動産については特例控除等もありますので、詳細は事前にご相談下さい。
所有不動産を売却し新しく住み替えする場合どのような流れになりますか?

新しい不動産を購入する為の資金は所有不動産を売却し、その資金を充当し購入するという形が一番安全です。
従って優先する順位はまず売却を確定させて、並行して購入物件を探すという流れとなります。(住宅ローンが終わっている方、或いは資金に少しゆとりのある方は先に購入を先行させても問題は無いといえます。)

但し、先に売却する場合、購入先(引越し先)が決まっていない状態で契約をしますので、例えば購入物件が新築住宅等であれば、建物が完成するまでに期間が長い為、仮住まいが必要になったりする場合があり、余分な費用がかかります。

買い換えをスムーズに進めるには売却状況と購入状況の内容を不動産会社に知ってもらう必要がありますので、なるべく1社に依頼される事をお進めします。
当社ではひとりひとりのお客さまに合った売却プランをご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

不動産の「買い取り制度」とはどういうメリットがありますか?

・既に購入希望物件が見つかっているが、資金の目処が立つかどうか心配で物件購入に踏み切れない方。
・所有不動産を売却したいが賃借人が居住している為、販売が出来にくい方。
・ご近所に全く知られずに処分したい方。
・早急に現金が必要な方等。

買取り制度は自社直接買い取りの為、仲介手数料が0円です。
物件の室内外の状況は全く問わず、また瑕疵担保責任(目に見えない傷及び欠陥部分を総称します)は免責ですので、後々のトラブルも一切心配いりません。
但し、不動産の性質上、買取りできない場合もありますので、詳細は事前にご相談下さい。

長く住んでいる家なので汚れがきついのですが売れますか?

確かに買われる方は色々な物件を見られておられますので、新築物件或いは中古物件の改装済と比較されるケースが多いようですがご心配いりません。
当社ではリフォーム事業部があり、また随時リフォームのモデルとなる販売現場もございますので、買われる方にしっかりとしたリフォームプランをご提案することが出来ます。また当社では購入者が確定する前に売られる方に事前にリフォーム工事していただく提案はほとんど致しませんので、売られる方にリスクを負って頂くことなく、また汚れている事が原因し価格を大幅に交渉してこられるような不利になる状態にならないよう正確なリフォームプラン(工事代金等)をご提案させて頂きますので、ご安心いただけると思います。

不動産を売却するときの価格は誰が決めるのですか?

まず私どもの方から査定時に近隣の売買事例或いは土地、建物の評価額をお伝えさせていただき、総合的な判断で売却可能額をお伝えさせて頂きます。しかし最終売り出し価格を決定して頂くのは売られるご本人様となります。

但し、相場価格よりも大幅に高くなる場合は逆に販売期間が長期化し売れ残る場合もありますので、若干注意が必要かもしれません。尚、査定時に心がけ頂きたいことは、必ず売ろうとされる物件のアピールポイントを教えて下さる事が大事だと思います。

査定を受けたらすぐに売らないといけないのでしょうか?

いいえ、お客様の一番良いタイミングでご検討頂ければ、すぐに売る必要はありません。
長い人生設計の上で今、売却すればどれ位するものかという事を知っていただいて、将来のお買い換えにそなえて頂くという事も大事なことです。
査定依頼はご遠慮なくお申し付け下さい。「もちろん査定は無料です!」

売却の為の広告費用は仲介手数料とは別に必要ですか?

売却に関する宣伝広告(媒体紙・折込広告・宅配チラシ・ネット広告等) は、全て成約時発生する仲介手数料内でまかなわれますので、別途広告費が発生することはありません。
但し特別に売られる方からの依頼で行う広告については、費用は必要となります。

売却を依頼してから途中で売ることやめた場合、仲介手数料は必要ですか?

仲介手数料は成約して初めて必要となる報酬ですので、途中で販売をやめられた場合は必要ありません。
但し、不動産会社は依頼物件を良い条件で販売できるように宣伝広告を行いますので、その広告費を実費で精算請求させて頂く場合があります。その為、売却するかの判断は冷静に考えていただくことをお進めします。詳細については事前にご相談下さい。

不動産の販売を開始してから見学にこられる方にはどう接すればよいのですか?

基本的には営業マンが物件の説明及び地域の説明、交通、買物施設等についてのお話はさせて頂きますので、特別、売られる方に何かして頂くということはありません。
但し、見学にこられた方から素朴な質問が出るケースは非常に多い為、その時は誠意を持って丁寧にお話して頂く事が出来れば、非常に好印象な売主様というイメージが長く残ると思いますのでおすすめいたします。とにかく普段通りにして頂く事が一番です。

電話からも査定受付中です。075-811-7788 営業時間am9:30~pm8:00

株式会社シティライフ

京都市中京区西ノ京原町64
ルミエール御池1F
TEL/075-811-7788
FAX/075-384-0853

シティライフ周辺地図

ページの先頭へ戻る